Event is FINISHED

NATIVE SESSIONS - BEHIND THE SCENES OF BIOHAZARD 7

Description

ーThe Sound of Horror ホラーサウンド制作の裏側ー

音楽は喜怒哀楽だけでなく、恐怖をも表現することができます。今回のNative Sessionsは、国際的な電子音楽とデジタルアートの祭典『MUTEK』内での開催。株式会社カプコンのサウンドチームの方々をお招きし、恐怖の感情を引き起こさせるBIOHAZARD 7 サウンドの要素についてや、同作品でのサウンドデザインを技術・演出的な側面から探求していきます。また、Native Instrumentsのソフトウェアがゲーム音楽の制作現場でどのように使用されているか、同作品で活用されているミュージック・コンクレートの手法など、実例を交えてご紹介頂きます。様々な音楽制作スタイルにも活用できるテクニックをプロの方々から学んで、制作のインスピレーションを得ましょう。会場内ではNATIVE INSTRUMENTSの新製品KOMPLETE KONTROL Sシリーズ・キーボードや、MASCHINEも展示致します。展示機コーナーにも是非お立ち寄り下さい。
※本イベントはMUTEK内で開催されますが、NATIVE SESSIONS - BEHIND THE SCENES OF BIOHAZARD 7のコンテンツのみご覧いただく場合は入場無料(要予約)です。


日時: 115日(OPEN: 12:00 / START 13:00 ~ END 17:00

会場: 日本科学未来館 7F 未来館ホール (東京・お台場) 東京都江東区青海2-3-6

出演: BIOHAZARD 7 CAPCOM SOUNDTEAM

    鉢迫 渉 (WATARU HACHISAKO)

    森本 章之 (AKIYUKI MORIMOTO)

    宇佐美 賢 (KEN USAMI)

料金: 無料 (先着予約制)

締切: 定員に達し次第受付終了とさせていただきます。

お問い合わせ先:NATIVE INSTRUMENTS Japan 株式会社 rsvp.jp@native-instruments.co.jp

Twitter : @Tokyo_NI
Facebook :
NATIVE INSTRUMENTS JAPAN
入場無料、完全予約制となっております。


出演者プロフィール:

BIOHAZARD 7 カプコンサウンドチーム

鉢迫 渉 (WATARU HACHISAKO)

株式会社カプコン サウンドディレクター ゲーム全体の音響のディレクション、ミキシング、効果音、ボイスの編集加工、映像のMAなどを担当。中学の頃、YMOに触れて以来、シンセサイザーに魅了されてPC88でDTM、バンド活動など続ける。1995年にカプコン入社後はアーケードのゲームサウンドから始まり、新ハード立ち上げやオーディオエンジンなどの草案・設計に携わる。代表作は「私立ジャスティス学園」「パワーストーン」「アウトモデリスタ」「デビルメイクライ」シリーズ、「バイオハザード」シリーズなど多数。

森本 章之 (AKIYUKI MORIMOTO)

株式会社カプコン コンポーザー 龍谷大学国際文化部卒業。2008年にカプコンに入社し、『LOST PLANET 2』、『BIOHAZARD 6』でサブコンポーザーを努めた後、『BIOHAZARD 7』ではメインコンポーザーとして音楽全体のディレクションを担う。音楽の鳴らし方に徹底的に拘り、『BIOHAZARD 7』では落語の結論からも着想を得ている。


宇佐美 賢 (KEN USAMI)

株式会社カプコン サウンドデザイナー/サウンドディレクター バークリー音楽大学卒。2012年にカプコンに入社し、いくつかのタイトルを経験の後、『BIOHAZARD 7』にサウンドデザイナーとして参加。主にプロップやギミックの効果音、また一部の環境音を担当し、ゲーム全体の没入感向上に寄与。フォーリー収録を通して自然な音や響き(幽玄サウンド)、また不快な音の制作も追求した。


MUTEK JPとは

MUTEK.JPは、芸術とテクノロジーの架け橋となる、世界最前線のデジタル・アートと、エレクトロニック・ミュージックによる国際的フェスティバル。進化し続けるテクノロジーとアートの融合、クリエイティビティ溢れる新たなる才能の発掘と育成。多様な才能と未知数の創造力がインタラクティヴにインスパイアし、イノベーティブで文化的な社会の創造に寄与するプラットフォーム。そして、東京から世界へ。
http://mutek.jp/

NATIVE SESSIONSとは

ベルリン、ロンドン、ロサンゼルス、東京で開催するNative Sessions は、NI ユーザー、エキスパート、世界の音楽コミュニティーが一堂に集まり、KOMPLETE / TRAKTOR / MASCHINE を使う音楽制作の未来を探求する定期イベントです。

NATIVE INSTRUMENTSについて

Native Instrumentsはコンピューターをベースとした音楽制作とDJプレイ用のソフトウェア、ハードウェアのメーカーとして市場をリードしています。私たちの使命は、音楽スタイルやジャンルを問わず、あらゆる方々のために革新的で一体型のソリューションを提供することです。常に技術的な限界に挑戦した製品開発をモットーに、プロ・アマチュアを含めた、全てのクリエーターに新たな可能性と創造性を提供します。Native Instrumentsは1996年、パーソナル・コンピューターをリアルタイム・サウンドシンセシスの世界へ導き、そして現在、ミュージシャン、プロデューサー、DJの方々に向けて幅広いラインナップで製品を展開しています。現在弊社では400人以上のスタッフがベルリン、ロスアンジェルス、東京、深圳、ロンドンの5つのオフィスで活動しています。そして世界各地の販売パートナーは40社以上にのぼり、今なお発展を続けています。

注意事項
: 当日、写真や映像の撮影等が行われ、公開される可能性がありますのでご了承ください。Facebook/Twitter/ライブ配信等)定員になり次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。その他ご不明な点などございましたら rsvp.jp@native-instruments.co.jpまでお問い合わせください。

未来館ホールへの行き方:●1Fメインエントランスよりエレベーターで7Fお上りください。(下図をご参考下さい。)
エレベーターを7階で降り、右に進むと、通路に出ますので、通路を左に進んでください。●30Mほど進みますと、未来館ホールに到着いたします。●受付は未来館ホール入り口近辺にございます。●12:00より受付を開始いたします。●プログラム開始13:00までに受付を済ませご着席下さい。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#292106 2017-11-03 14:27:42
More updates
Sun Nov 5, 2017
12:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本科学未来館 7F 未来館ホール
Tickets
NATIVE SESSIONS - BEHIND THE SCENES OF BIOHAZARD 7 FULL
Venue Address
東京都江東区青海2-3-6 Japan
Organizer
NATIVE INSTRUMENTS Japan
1,098 Followers